メールマガジン 第154号を発行しました(2022年11月22日)

【1】東京支部懇親会を開催しました
【2】村山陽先生のカレンダーが好評頒布中です

東京支部懇親会を開催しました。(2022年11月22日更新)

11月20日(日)午後5時半から、アルカディア市ヶ谷で、東京支部懇親会を開催しました。
コロナ禍により、令和元年に「東京支部総会・高田高校祭」を開催して以来、対面での支部総会・懇親会を3年連続で実施できず、支部会員の皆様に何とか対面で交流できる場を提供できないかと模索を続けてきました。その結果、未だコロナは収束していませんが、安全に配慮しながら、全員着席で個別配膳という方法で懇親会を開催することにしました。
このため参加人数を制限せざるを得ませんでしたが、高2回の大先輩から今春高田高校を卒業した高74回まで約150名近くの方から参加登録があり、当日急遽欠席された方もおられましたが140名近くの方が集い、旧友との交流を楽しんでいただきました。
広い会場にゆったりと円卓を配置し、年次毎にまとまって着席していただくなど、安全に配慮しつつも交流し易い方法を考えました。また、上越の地酒3種類も登場、久し振りに和気藹々とした雰囲気で故郷の香りを楽しんでいただきました。
イベントでは、10月1日に開催した「スペシャル校友会サロン」のリレーフェスティバルに参加してくれた若い世代もステージに上がってもらい、久々に若さ溢れる声を聴きました。
今回の開催方法をレビューしながら、来年6月の「東京支部総会・高田高校祭」も皆さんに楽しんでいただけるよう企画していこうと思います。

支部会報『雪椿』第46号を発送しました。(2022年10月23日更新)

今回の特集は「恩師の思い出」ですが、書面による支部総会議決の案内状に同封したアンケートハガキに予想以上の反響をいただきました。寄稿も、90代の大先輩から今春卒業した10代の大学生まで、幅広い層から多数寄せられました。時代は変われど恩師は高田中学・高校生のその後の人生を決定し、支える存在であったことがそれぞれの原稿からひしひしと伝わってきます。恩師のあだ名など、アンケートのまとめも要注目です。
また、コロナ禍のため同期会の開催もままなりませんでしたが、今回は各年次から、同期の皆様へのメッセージという形で投稿していただきました。
お手元に届きましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

「スペシャル校友会サロン」は100余名の校友が集まり、大盛会でした(2022年10月2日更新)

10月1日 国立競技場で行われる「リレーフェスティバル2022」を利用した「スペシャル校友会サロン」に選手、応援合わせて約100名の校友にお集まりいただきました。ご参加いただきました校友のみなさまありがとうございました。
当日の模様は、日本陸連のyoutubeチャンネルで観ることができます。
(以下のアイコンをクリックするとYoutubeの映像を表示します。)
高田高校関係は、
4:20:25頃~Relay For All。1レーン。
5:20:50頃~「妙高」6レーン。インタビューあり。
5:31:35頃~「火打」1レーン。
5:35:49頃~「第一義」1レーン。
に登場しています。

東京支部のLINE公式アカウントを作成しました。(2021年2月23日)

校友会東京支部のLINE公式アカウントの登録をお願いします。LINEのアカウントお持ちの方は、以下のボタンより登録をお願いします。また、お知り合いの同窓の方にも是非お知らせをお願いします。

3月28日の校友会サロンは延期します。(2020年3月8日)

3月28日(土)に開催を予定していた第19回校友会サロン(日本陸上競技連盟強化委員で競歩指導者の清水茂幸氏(高32回)のご講演)ですが、昨今の新型コロナウイルスの影響を考慮して、「五輪後に開催延期」と決定いたしました。
申込みされた皆様には誠に申し訳ありませんが、現在の国内外の状況を踏まえた上での決定ですので、なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
追って、日時が決まりましたら改めてご案内いたします。東京オリンピックでの活躍を踏まえた講演を楽しみにお待ちください。

© 2022 高田高等学校校友会東京支部