支部会報『雪椿』

東京支部では、毎年10月末に支部会報『雪椿』を発行しています。
『雪椿』は、校友会の会員全員の住所に送付されます。入会方法及び校友会の年会費の納入については、このホームページの「事務的手続き」のタブをクリックの上、「新規入会のお申込み」及び「年会費納入についてのご案内」をご覧ください。

『雪椿』は、校友の有志で構成する「編集部」が、仕事の傍らボランティアで編集・発行しているものです。内容は、東京支部の1年間の活動報告はもとより、母校やふるさとのことを紹介しつつ考える「特集Ⅰ」、部活動を軸に大先輩から大学生等若手校友に至る幅広い世代間の交流を図る部活座談会「特集Ⅱ」などを含め、充実したものとなっています。
体裁は、B5判で150~160ページと、読みごたえのあるものです。もちろん、校友の皆さまからの投稿なども大歓迎です。各種投稿については、【投稿要領】をご覧ください。
このページの後半に、過去10年間の『雪椿』の目次を添付していますので、是非ご覧ください。

<『雪椿』第42号の原稿を募集しています>

平成30年発行の『雪椿』第42号の原稿を募集しています。以下の要領で奮ってご投稿願います。お待ちしています。

【投稿要領】
1 原稿の種類及び字数等
○ 寄稿
テーマは自由です。執筆者の顔写真及び投稿内容に関連する写真1枚以上を添付してください。
  字数:3,000字以内(厳守)

○ 特集Ⅰ
今回の特集Ⅰは、「思い出の体育祭」。平成になって廃止されてしまいましたが、体育祭には、各世代で忘れられない思い出があります。その思い出を執筆者の顔写真とともに、800字程度で募集しています。当時の写真があればそれもお寄せください。
  字数:800字以内(厳守)

体育祭の歴史をまとめたページを作成しました。是非ご覧下さい。
https://takada.gr.jp/report/athletic_fes/

○ 私の高田中学・高校時代
旧制中学や高校在学中の思い出を語っていただくページです。
今号のテーマを「思い出の恩師」としました。近年は、母校に着任される恩師の在任期間が短くなり、その前後の校友にとってはなじみが薄くなっています。そうした恩師の中で思い出深く、広くご紹介したい方について、校友から恩師に寄稿をお願いする、あるいは校友自身が紹介文を執筆することを目指しています。800字程度で、恩師の顔写真もお願いします。
  字数:800字以内(厳守)

○ 同期会の報告
同期会を実施したら、ぜひその記事をお願いします。また、当日の集合写真も忘れずに添付してください。
  字数:600字以内(厳守)

○ 校友の近況
仕事や趣味、ボランティア活動等様々な分野でご活躍の同期の方の紹介記事をお願いします。紹介したい校友の方の顔写真を添付願います。
  字数:400字以内(厳守)

【注意事項】
いずれの原稿についても、締切を過ぎたものや規定字数をオーバーしている場合には、編集の都合上、編集部の責任において、オーバーした文字数の削除や不掲載の処置を取らせていただくことがあります。
また、原稿の内容が特定の政治的主張や宗教等に関するものは、掲載致しませんので、御理解のほど宜しくお願い申し上げます。

2 原稿締切: 2018年8月15日(厳守)

3 原稿送付先
① 郵送の場合
〒150-0011 東京都渋谷区東1-26-30 渋谷イーストビル2階
新潟県立高田高等学校校友会東京支部
※ 同封していただいた写真や資料は基本的にお返しします。
② メールの場合
アドレス yukitsubaki@takada.gr.jp
ワード等での作成原稿及び写真データ(jpeg等)を添付の上、送信願います。

4 ご参考
原稿作成の様式は、基本的に執筆者にお任せしていますが、編集用の原稿様式は以下のとおりです。ワード等で原稿作成の場合には、なるべくこの様式をお使いください。
原稿様式(マイクロソフト Word形式)

<過去10年の支部会報『雪椿』の目次>

第40号(2016年)
第39号(2015年)
第38号(2014年)
第37号(2013年)
第36号(2012年)
第35号(2011年)
第34号(2010年)
第33号(2009年)
第32号(2008年)
第31号(2007年)
東京支部創立50周年記念号
(2014年)

Top Pageに戻る

更新日:

Copyright© 新潟県立高田高等学校校友会東京支部 , 2018 AllRights Reserved.