東京支部の歩み

No.西暦年年号 月内容
11965S40年11月東京支部発足 初代支部長 本山文平氏(中8回)
総会会場は当時の新潟県人会館(信濃町)
21970S45年東京支部会員名簿作成
31974S49年11月東京支部会員名簿作成
41974S49年12月会員有志により東京六華会発足。母校運動部で活躍した生徒を顕彰
51977S52年10月支部会報創刊。支部事務所は中央区日本橋一丁目竹腰会館内
61978S53年支部事務所を中央区日本橋一丁目千代田会館内に移転。母校への図書費贈呈開始
71983S58年6月総会出席者200名を突破
81988S63年6月支部総会の会場を私学会館(現アルカディア市ヶ谷)に
91989H元年6月総会出席者300名を突破
101992H4年11月支部事務所を四谷一丁目に移転
編集部を発足させ、会報の体裁一新。表紙・本文中に恩師村山陽先生の挿絵採用
111993H5年6月総会出席者400名を突破
121994H6年6月第30回記念総会開催。総会でアトラクション開始
131994H6年10月30周年記念の特別座談会を実施し、支部会報に掲載
141995H7年11月支部会報で特集開始
152000H12年12月東京支部ホームページ開設
162002H14年10月支部会報の愛称を『雪椿』と命名し、表紙を一新
題字は当時の下山敏郎支部長(中50回)、雪椿のカットは村山先生
172004H16年6月第40回記念総会開催。総会出席者が500名を突破
182004H16年11月支部会報『雪椿』通常号に加え、40周年記念誌を発行
192007H19年9月支部長と若手校友との年次別懇談会開始
202007H19年10月母校生徒に将来の進路や職業等を考えてもらう「未来展望セミナー」開始
212008H20年1月東京支部メールマガジン配信開始、以後概ね毎月一回発行
222009H21年6月第45回記念総会開催。総会出席者が600名を突破
232009H21年7月東京支部の全面的協力により、母校生徒の企業訪問研修が東京でスタート
242010H22年11月校友会サロン開始、第1回は三遊亭白鳥氏(高34回)による落語
252011H23年6月支部事務所を渋谷区道玄坂一丁目に移転
262013H25年3月文化賞を創設、母校文化部で活躍した生徒を顕彰
272013H25年4月母校が文部科学省により「スパーサイエンスハイスクール」に指定、支部の支援開始
282013H25年6月支部事務所を渋谷区東一丁目に移転
292014H26年6月第50回記念総会開催。支部への功労者表彰を実施
302014H26年11月支部会報『雪椿』通常号に加え、50周年記念誌を発行
312016H28年11月「女性の活躍を応援するプロジェクト」活動開始

Top Pageに戻る

更新日:

Copyright© 新潟県立高田高等学校校友会東京支部 , 2018 AllRights Reserved.