メールマガジン

メルマガ第124号を発行しました。(2020年5月20日)

新潟県立高田高等学校校友会東京支部メールマガジン   令和2年5月号
2020年5月20日
4月は上越地方で雨が多く、平年よりも気温が低かったものの、5月に入ると一転、2日には高田で30.7度の真夏日を記録したそうです。このような中、各地でクマの目撃情報も相次いでいます。新型コロナウイルス同様心配ですね。
メルマガ124号を発行します。
―――――INDEX――――――――――――――――――――――――――
【1】支部会報『雪椿』の原稿を募集します
【2】上越の学校、公共施設等が徐々に再開を始めています
高田高校は5月末まで「一部休業」、上越まつりはほとんどが中止
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】支部会報『雪椿』の原稿を募集します
――――――――――――――――――――――――――――――――――
コロナ禍の中ですが、多少変則的ながら今年も支部会報『雪椿』を発行することになりました。恒例の「支部総会・高田高校祭」も中止に追い込まれましたが、こういう時こそ確かなものにしたい校友の絆。百折不撓の気概を示す、皆様の積極的な投稿をお待ちしています。締切りは8月15日です。
1 寄稿
字数は3千字以内でテーマは自由、寄稿者の顔写真及び原稿内容に関連した写真の添付もお願いします。
2 同期会の報告
1)字数は600字以内、集合写真の添付をお願いします。
2)一方、コロナ禍の影響で同期会が開催できないケースも少なからずあると思います。その場合には各年次で代表者を決めていただき、
? その方が中心となって年次の近況を執筆していただくか、又は
? 同期の皆さんの一言を「寄せ書き」としてとりまとめていただく
ことで、同期会の報告とします。同期の息災を確認し合いましょう。この場合、字数は800字以内とします。代表者の顔写真添付をお願いします。
3 校友の近況
皆さんに紹介したい、頑張っている校友をその友人が紹介するコーナーです。字数は400字以内、校友の写真の添付をお願いします。
4 特集は来年に延期します
メルマガ3月号で、『雪椿』の特集として「部活の思い出」の原稿を募集しましたが、今般のコロナ禍の影響により、残念ながら今号では特集コーナーを中止し、来年に延期することとなりました。執筆済み及び執筆中の方々にはお詫び申し上げます。事情ご賢察の上、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
【2】上越の学校、公共施設等が徐々に再開を始めています
高田高校は5月末まで「一部休業」、上越まつりはほとんどが中止
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上越では新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う国の緊急事態宣言解除を受け、学校、公共施設等が徐々に再開を始めています。
すでに新潟県では5月7日以降、遊興施設や運動・遊戯施設等以外の休業要請を解除しています。飲食店も徐々に平常営業に。
11日からはオーレンプラザや高田図書館、水族博物館うみがたり、歴史博物館など公共施設も順次再開、小中学校もまずは分散登校で再開し、20日から通常登校に移行です。
一方高校は21日から再開するものの、今月末までは「一部休業」。週3日程度の分散登校日に授業を行い、6月1日から本格的に授業を再開するそうです。ただし、部活動は当面の間休止。高田高校では既に6月以降の高高祭、全校登山、東京研修など一連の学校行事の中止も決まっています。
また、夏の風物詩上越まつりも、高田祇園祭、直江津祇園祭が中止、謙信公祭も大半の行事の中止が決まったそうです。残念です。

*************************************************
今後、本メルマガの配信が不要な場合は、以下のリンクから
退会の手続きをお願いします。
https://takada.gr.jp/xmailinglist/mail-magazine/

【発行者】高田高等学校校友会東京支部雪椿編集部
メルマガ編集部: kouyukai_ml_feedback@takada.gr.jp
校友会東京支部ホームページ: https://takada.gr.jp
*************************************************

Top Pageに戻る

-メールマガジン

© 2020 高田高等学校校友会東京支部