メールマガジン

メルマガ第138号を発行しました。(2021年7月25日)

新潟県立高田高等学校校友会東京支部メールマガジン    令和3年7月号
2021年7月25日
梅雨明けと同時に厳しい暑さが襲ってきました。故郷でも今年は暑い夏になるとともに、残暑も厳しいとの長期予報が出ています。7月17日には、高田で32.5度、大潟で30.4度、安塚で34.2度、妙高市関山で31.5度を記録しました。安塚と関山は、今年の最高気温を更新したそうです。熱中症にも十分気を付けて過ごしたいものです。
メルマガ第138号を発行します。

―――――INDEX――――――――――――――――――――――――――
【1】令和3年度第1回役員会が開催されました
9月25日の令和3年度第1回役員・評議員会は書面報告とZoom方式で実施します
【2】ドイツ体操チームが来越しました
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1】令和3年度第1回役員会が開催されました
9月25日の令和3年度第1回役員・評議員会は書面報告とZoom方式で実施します
――――――――――――――――――――――――――――――――――
7月17日(土)午後3時から、令和3年度第1回役員会が開催されました。当初は、新装なった新潟県人会館の広い会議室で三密を避けてZoom方式を併用して開催する予定でしたが、4回目の緊急事態宣言が発令されたため、急遽Zoom方式でのオンライン会議に変更されました。
冒頭、内山支部長から「コロナ禍ではあるが、知恵を出し合い、支部運営を進めていきたい」とのご挨拶があったのち、各種報告に続いて審議事項が上程され、活発な意見が交わされました。主な事項は以下のとおりです。
【報告事項】
1 令和3年度東京支部総会議決結果:書面・オンラインによる議決結果は、賛成多数で、提出された4議案は全件了承された。
2 会費納入状況等:昨年よりペースは遅いが、コロナ禍で校友会活動が十分にできていない中、よく納入していただいている。
3 支部会報『雪椿』は、例年どおり、10月下旬発行を目指して編集作業を進めている。
【審議事項】
1 令和3年度第1回役員・評議員会:9月25日実施予定の今年度第1回役員・評議員会は、コロナ禍のため、書面報告とZoomミーティングで実施する。
2 令和4年度支部総会:対面開催が可能になることを想定して、会場や開催日や料金も含め、実施方法について具体的検討を行う。
3 未来展望セミナー:13年間にわたり、東京支部が中心となって実施してきたが、定着してきたこともあり、今後の企画・運営は高校に任せ、これからは新たな母校支援活動について検討を始める。

【2】ドイツ体操チームが来越しました
――――――――――――――――――――――――――――――――――
23日、2020オリンピック・パラリンピック東京大会が開幕しましたが、7月9日、ドイツ体操チームが予定どおり来越しました。ホストタウンの上越で18日まで事前合宿し、その後東京都中央区の選手村に移動しました。
選手団は、選手・コーチら総勢21人。合宿場の「上越体操場ジムリーナ」(大潟区九戸浜)では、地元住民ら約130名が集まり、太鼓演奏などで熱く歓迎したそうです。13日には、市内の小学校11校の児童とオンラインで交流し、子供たちの質問を受ける一方、声援を受けました。なお、当初予定されていた一般向けの公開練習は、コロナ禍のため、中止されました。
オリンピックでは、日本選手団とあわせて応援したいですね。

*************************************************
今後、本メルマガの配信が不要な場合は、以下のリンクから
退会の手続きをお願いします。
https://takada.gr.jp/xmailinglist/mail-magazine/

【発行者】高田高等学校校友会東京支部雪椿編集部
メルマガ編集部: kouyukai_ml_feedback@takada.gr.jp
校友会東京支部ホームページ: https://takada.gr.jp
*************************************************

Top Pageに戻る

-メールマガジン

© 2021 高田高等学校校友会東京支部