メールマガジン

メルマガ第150号を発行しました。(2022年7月26日)

新潟県立高田高等学校校友会東京支部メールマガジン    令和4年7月号
2022年7月26日
23日は二十四節気の「大暑」。また、土用の丑の日でもありました。暦の上では一年で
最も暑いとされる日。その中をマスク着用で過ごすのは辛いものがありますが、健康には
くれぐれもご留意ください。
一方、ふるさと上越では、25日から29日までの間、3年ぶりとなる「第47回上越まつり」が
開催予定です。祇園祭りは、もともと疫病退散を祈念した行事。無事開催できることを
願うばかりです。
メルマガ第150号を発行します。

―――――INDEX――――――――――――――――――――――――――
【1】本部校友会総会(大校友祭)が対面形式で開催されました
【2】令和4年度第1回役員会が開催されました
【3】小林古径記念美術館で斎藤真一展が開催中です
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1】本部校友会総会(大校友祭)が対面形式で開催されました
――――――――――――――――――――――――――――――――――
過去2年間にわたり中止となっていた本部校友会総会(大校友祭)が7月9日(土)に、
高田のデュオ・セレッソにおいて、3年ぶりに対面形式で開催されました。上越においても
新型コロナウイルス感染症はまだ終息した状況ではありませんが、テーブル間の距離を
広くしたり、1テーブルへの着座人数を少なくしたりと、感染予防対策をしっかりと整えて、
約150名の参加者を得て、無事開催することができたそうです。
毎年東京支部から高田高校へ、図書費とSSH活動支援のための寄付を贈呈していますが、
そのことがこの場で参加者に紹介されたそうです。

【2】令和4年度第1回役員会が開催されました
――――――――――――――――――――――――――――――――――
7月23日(土)午後3時から、湯島の新潟県人会館で、令和4年度第1回役員会が開催されました。
冒頭、内山支部長から「役員会を対面式で開催することとなった。コロナの状況を見ながら
安全に十分配慮しつつ、支部活動を継続していきたい」とのご挨拶の後、各種報告に続いて
審議事項が上程され、活発な意見が交わされました。主な事項は以下のとおりです。
1 令和4年度東京支部総会議決結果:書面・オンラインによる議決結果は、賛成多数で、
提出された3議案は全件承認された。
2 会費納入状況等:納入ペースは昨年度より遅くなっている。コロナ禍で支部総会を
はじめとする対面イベント休止も影響していると思われる。
3 支部会報『雪椿』は、例年どおり10月下旬発行を目指して作業を進めている。特集や
同期会報告は、多くの年次から原稿が期待できそうである。
4 新入生歓迎会や就活セミナーの実施など、学生会員をはじめ若い世代の人に校友会
東京支部を利用してもらい、若手組織を活性化しようとする取組みを行っている。
5 東京支部懇親会(仮称):中止した6月の高田高校祭に代わり、11月20日(日)に、
アルカディア市ヶ谷で、全員着座等の新型コロナウイルス感染予防対策を講じた方式で
開催できるよう準備を進める。
当番年次は年次の末尾「3」の期の皆さんです。よろしくお願いします。

【3】小林古径記念美術館で斎藤真一展が開催中です
――――――――――――――――――――――――――――――――――
約10年間にわたり高田瞽女の取材をし、その作品を『高田瞽女日記』としてまとめた
斎藤真一の作品展「生誕100年 斎藤真一展 瞽女と郷愁、さすらい」が、高田城址
公園内の小林古径記念美術館で開催中です(9月25日(日)まで)。
時間は9時から17時まで、入館料510円。瞽女ミュージアム(上越市東本町1-2-33)
との相互割引も実施中です。
https://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kokei/kokei-r4kikaku2.html
お盆等で帰省した時にお寄りになってはいかがでしょうか。

*************************************************
今後、本メルマガの配信が不要な場合は、以下のリンクから
退会の手続きをお願いします。
https://takada.gr.jp/xmailinglist/mail-magazine/

【発行者】高田高等学校校友会東京支部雪椿編集部
メルマガ編集部: kouyukai_ml_feedback@takada.gr.jp
校友会東京支部ホームページ: https://takada.gr.jp
*************************************************

Top Pageに戻る

-メールマガジン

© 2022 高田高等学校校友会東京支部