メールマガジン

メルマガ第153号を発行しました。(2022年10月24日)

新潟県立高田高等学校校友会東京支部メールマガジン   令和4年10月号
2022年10月24日
「近年は『いい季節』と呼べる日々が少なくなった」という嘆きの声が聞かれます。お彼岸を過ぎても季節外れの暑さを感じる日々が増える一方、ある日突然冬の寒さが襲ってくる、いったい日本の四季はどうなったのかと不安に駆られます。
こうした中、二十四節気の霜降を迎え、朝晩はやはり冷え込むようになりました。故郷からは19日、火打と焼山の山頂が初冠雪で白くなったとの便りが届きました。間もなく本格的な冬を迎えます。
メルマガ153号を発行します。

―――――INDEX――――――――――――――――――――――――――
【1】支部会報『雪椿』第46号を発送しました
【2】校友会東京支部懇親会の参加登録締め切りは11月6日です
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1】支部会報『雪椿』第46号を発送しました
――――――――――――――――――――――――――――――――――
10月22日(土)、支部会報『雪椿』第46号の発送作業を行いました。間もなく皆様のお手元に届くことと思います。
コロナ禍の下で、『雪椿』の編集作業はZoomによるオンライン会議との併用を余儀なくされましたが、会員の皆様のご協力と編集部メンバーの創意工夫により、無事発行することができました。ありがとうございました。
今回の特集は「恩師の思い出」ですが、書面による支部総会議決の案内状に同封したアンケートハガキに予想以上の反響をいただきました。寄稿も、90代の大先輩から今春卒業した10代の大学生まで、幅広い層から多数寄せられました。時代は変われど恩師は高田中学・高校生のその後の人生を決定し、支える存在であったことがそれぞれの原稿からひしひしと伝わってきます。恩師のあだ名など、アンケートのまとめも要注目です。
また、コロナ禍のため同期会の開催もままなりませんでしたが、今回は各年次から、同期の皆様へのメッセージという形で投稿していただきました。
『雪椿』が母校及び故郷と校友の皆様をつなぐ拠り所になれば幸いです。お手元に届きましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

【2】校友会東京支部懇親会の参加登録締め切りは11月6日です
――――――――――――――――――――――――――――――――――
校友会東京支部会員の皆様には10月上旬に案内状を差し上げている通り、11月20日(日)17:30~、市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷で東京支部懇親会を開催いたします。(懇親会の案内チラシを『雪椿』と一緒にお送りいたしました。)
久し振りにリアルで同期や同窓の方と会い、旧交を温めたい方はぜひご参加ください。参加登録締め切りは11月6日です。
全員着座での会合ですので席に限りがありますが、現時点ではまだ定員に達しておりませんので、お早めに参加登録をお願いいたします。
参加登録されている方の名簿は、校友会東京支部のホームページに掲載してあります(閲覧にはパスワードが必要です)ので、下記のURL

2022年度 懇親会参加者一覧


からご覧ください。
なお、参加のためには、参加登録と懇親会費の事前納入の2つの手順が必要ですので、再度ご確認いただきたいと思います。

*************************************************
今後、本メルマガの配信が不要な場合は、以下のリンクから
退会の手続きをお願いします。
https://takada.gr.jp/xmailinglist/mail-magazine/

【発行者】高田高等学校校友会東京支部雪椿編集部
メルマガ編集部: kouyukai_ml_feedback@takada.gr.jp
校友会東京支部ホームページ: https://takada.gr.jp
*************************************************

Top Pageに戻る

-メールマガジン

© 2022 高田高等学校校友会東京支部